コンパニオンアニマルかペットなのか

私は自分の愛犬のことを「ペット」と考えていて、他人に話をするときにもペットとして意識しています。
ところが場合によっては「コンパニオンアニマル」と言わないといけないのだと言われました。

コンパニオンアニマルとは人間と一緒に暮らして、家族同然になっていてもう小さい人間のようになっているようですね。

もちろん私の愛犬も可愛いし家族同様という気持ちはありますが、やっぱり「ペット」であって自分の子供ではありません。
コンパニオンアニマルは飼い主の子供にも近いのかなと思います。

なので、私が他人に自分の犬のことを話すときには気をつけないと、聞く人によっては私が犬をきちんと扱っていないと感じる人もあるといわれました。
ちょっと難しいなと思います。